HOME
会社概要
求人募集
業務内容一覧
リンク集
 
メールマガジン登録

バンテックがイベントに出展したりマスコミに取り上げて頂いたりした内容をご紹介いたします。
 
インターネプコンワールドジャパン出展報告

この度、バンテックでは 「京都制御ソフト工場(KCSF)」 のグループの一員としまして、インターネプコンワールドジャパンの 「第8回 国際電子部品商談展 ELE TRADE 2007」という製造業界最大のイベントに出展いたしました。
多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました。


【第8回 国際電子部品商談展 ELE TRADE 2007】

■会   期 : 2007年1月17日(水)〜19日(金)
■開催時間 : 10:00〜18:00
■会   場 : 東京ビッグサイト 東展示棟
■主   催 : リード エグジビジョン
ジャパン株式会社


関連リンク
・京都制御ソフト工場 (KCSF)とは

京都制御ソフト工場

ELE TRADE 2007の様子

出展に向けて 〜試作への試み〜

「展示物何にしましょう・・・」
「ロボットがボールを握るのはいかがですか?」

イベントに出展することが決まり、結成されたメンバーの最初の課題が展示物でした。

打ち合わせ会議で決めた展示物のコンセプトは、試作を全面的に押し出し、京都制御ソフト工場の各グループ会社の得意分野を生かし、なおかつ多数の方にインパクトを与えるということです。

そのコンセプトに従い、様々な案を出し合いました。

展示物の設計図 「名刺を受け取るロボットはどうですか?」
「それ、いいですね!」

最終的に展示物は、名刺をロボットが受け取り、モータで移動させ、移動先にあるカメラで名刺を撮影し、その画像をパソコンに表示させるシステムにすることで決定しました。


製作開始 〜アイディアが、形ある試作品に・・・〜
製作するにあたり、各会社の得意分野を最大限に生かす為にアプリケーショングループと制御グループに分かれて製作を進めていきました。

制御グループ
AIVICK
SQUSE
SEEK
アプリケーショングループ
京都テクニカ
Infortec
VANTEC

制御グループでは、名刺を受け取るロボット部分と、そのロボットを移動させる1軸サーボモーターの設置、そしてCCDカメラで撮影された画像をサーバに保存するまでを担当。

アプリケーショングループでは、サーバに保存された画像を取得し、クライアントPCに表示、画像をサムネイル化させるWebアプリケーションの構築。また、各接続機器をLANで繋げるまでを担当しました。

作業の様子


展示物完成 〜無事に創り上げることに成功〜

各グループごとに打ち合わせと製作を行い、サブシステムを完成させました。

完成した2つのサブシステムを結合させればシステムの完成です。単純に結合させればいいと思いきや、そう物事は上手く進みません。

ロボットが動作しない部分が出てきたり、1軸サーボモータの制御が不安定だったりと完成までの道のりが険しく長いのです。

しかし、試行錯誤すること数時間。 遂にイベント用の展示物が完成しました。

システム『名刺いただき君』 「このシステムに名前つけましょうか。」
「何がいいですか?」
「よし、決めた。」

決定したこのシステムの名前は・・・

『名刺いただき君』

 


ベント前日 〜思わぬトラブル発生〜

展示会プロジェクトメンバーは出展の準備を行うために、イベント会場である東京ビッグサイトへ向かいました。

会場はとても広く、各出展社は準備で忙しそうです。
私達も早く準備を済ませてしまおうと、京都から搬送された荷物を開梱しました。

そこでトラブルが発生。

開梱した展示物を確認すると、なんと板が外れているではありませんか!?

直せるのでしょうか?

もし、直ったとしても見栄えは大丈夫なのでしょうか?

不安を抱きながらも、とりあえず修理することに専念しました。
システム『名刺いただき君』修理中
システム『名刺いただき君』無事修復 結果的に、外れた板は無事に修復することができ、ブースでの展示物設置が完了しました。

イベント当日 〜千客万来〜
ついにイベントが始まりました。
イベント前には入念に打ち合わせを行いましたので準備万端です。

今回のイベントでは、多くの方に京都制御ソフト工場(KCSF)について知ってもらうことを目的としました。
イベント前の事前打ち合わせの様子
【イベント前の事前打ち合わせの様子】
方法としましては、まずブースの前でビラを配ります。そして、KCSFに少しでも興味を示してもらえた方には、展示物をご紹介します。(※下記参照) 次にKCSFの概要についてご説明します。

この繰り返しにより1人でも多くの方に「京都試作」と「京都制御ソフト工場」をPRしました。

会期3日間とも、イベントは大勢の来場者で大変盛り上がりました。

展示物のご紹介
工程1 工程2 工程3
遮光センターが名刺を感知す
るとチャックが閉じ、1軸サーボ
モータで名刺が移動します。
CCDカメラで名刺を撮影します。
撮影された画像は、サーバに
保存されます。
名刺の画像データはWebアプリケーションによってクライアント側で表示されます。


イベント終了 〜無事成功〜
イベントは無事に成功しました。
少なくともKCSFの知名度向上という目的は、達成することができました。

最後に・・・

 本当に沢山の方々に当ブースに立ち寄って頂きまして誠にありがとうございました。
 また今回のイベントにご協力頂きました皆様には、深く御礼申し上げます。
 
戻る
上へ
 

バンテック
Copyright (C) VANTEC Inc. 2001-2011. All rights reserved.
 
バンテック